平尾誠二 人を奮い立たせるリーダーの力



故平尾誠二氏。

“ミスターラグビー”と称され、
ラグビー日本代表の不動の司令塔として活躍し、
神戸製鋼ラグビー部のGMを務めていた平尾誠二氏が、
2016年10月20日、53歳の若さで亡くなった。


・・・3年が経ちます。

時代が、平成から令和に変わった、2019年10月20日(日)。

ラグビー・ワールドカップ日本大会、準々決勝

日本 対 南アフリカ戦がおこなれる。

「ブライトンの奇跡」で日本代表が南アフリカを破ってから4年。


日本大会プールAで4戦全勝した日本は10月19日時点のランキングで、

試乗最高位の【6位】に浮上。


南アフリカは【5位】。


強敵だが、勝てない相手ではない。


令和元年(2019年)10月20日(日)19時15分キックオフ


さあ、決戦が始まる。


稀代のラガーマンは、
同時に真のリーダーでもあった。


本書は、指導者として発言された言葉の中から、
組織をまとめていく「リーダーの力」という
キーワードをテーマに構成した。


心に留めたい91の矜持は、
わたしたち日本人すべてに対する
平尾氏からのラストメッセージそのものである。


平尾氏の妻、平尾恵子さんが「家族への言葉」、
伏見工業高校ラグビー部総監督の山口良治氏が
「平尾少年がミスターラグビーになるまで」を特別寄稿。


また、平尾氏と同学年で親交のあった、
ノーベル生理学・医学賞を受賞した
京都大学 iPS細胞研究所所長の山中伸弥氏が、
平尾誠二さんをしのぶ「感謝の集い」で語った
弔辞「人を叱るときの4つの心得」を全文掲載した。



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
人を奮い立たせることができるのは、リーダーの言葉しかない。
稀代のラガーマンは、同時に真のリーダーだった。
ミスターラグビーが遺した、いまこそ日本人が心に留めたい91の矜持。


【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 強い組織をつくる
    個人は「点」、組織は「線」。力強い「点」が多ければ「線」も太くなる
    場所に人を当てはめるのではなく、人に場所を当てはめる ほか

第2章 強いリーダーをつくる
    支配型・強権型リーダーシップでは、10番になれても、1番にはなれない/
    場面、場面によって、リーダーは替わってもいい ほか

第3章 強い個を育てる
    決めごとが増えると、成長の伸びしろが小さくなる
    もがき苦しんでいる人間には、自ら解決する環境をつくることだ ほか

第4章 強い日本人になる
    日本人はきつくなると自分に言い訳をして力を緩める
    スポーツの素晴らしさは、できなかったことができるようになることだ ほか

この記事へのコメント




人気記事